上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

PHOTO


 二代光圀七歳のとき、将軍家光に謁見したおり、「文昌星」像を頂戴した。
 後に光圀は文学を好むように、文昌星を思い起こし八卦堂を造りその像を安置したそうです。
 この堂は大正十二年の関東大震災で焼失したのだとか。今は礎石だけが残されています。


 木々に囲まれた高台にある八掛堂跡。

 ここに建物があったら、どんな雰囲気だったんだろう?


PHOTO



 家光と光圀って従兄弟の関係。
 
 御三家で従兄弟といえども、やっぱり将軍とは立場が雲泥だったのだろう。


PHOTO



 光圀は、「文昌星」像を頂戴後文学を好むようになったらしいが、おかげで水戸の財政は火の車。

 越後のちりめん問屋の隠居なんていう設定も、どこかの、文学にでも出ていたのかな?


PHOTO



 全てが塞翁が馬です。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/964-01aab89b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。