上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

PHOTO


 東京の押上。
 この週末を明けると、建築中とはいえ、高さで東京タワーを越すのだとか。
 まさに、日本一目前のスカイツリーを感じつつ、押上散歩です。

 京急から、浅草線と乗り継いでたどり着いた押上の駅。
 初めて降りる駅です。

 スカイツリーの建設が決定するまで、こんな駅の存在は知りもしなかった。
 改めて調べると、浅草からすぐそこなんですね。



PHOTO


 11:30分に降り立った押上の駅。
 スカイツリーこちらの案内に従って改札を出ると、当に目の前に建設中のスカイツリーが姿を表す。
 で、でかい。

PHOTO


 ガキの時に見たジャイアント馬場よりもでかい。和田アキ子と同じくらいでかい。
 改札を出たところで記念撮影をする沢山の人々。
 今はまだ東京タワーに高さで負けているけれども、この週明けには333メートルを追い抜くのだとか。

 ただ、一本の筒のため、東京タワーほどデザイン性を感じないのが残念。

 展望台とかつくと少しはワターっぽくなるのかな?

 何しろ今は建設中ですから。
 でも、完成までにもう倍高くなるなんて、想像を絶する。


PHOTO


 押上駅の周りは、見物の野次馬が沢山。
 そのまま駅を北十間川に回りこんっで、浅草まで歩こうと言うのが今日のコース。
 スカイツリーを眺めながらの下町散歩と言った感じでしょうか。



PHOTO


 北十間川は、隅田川、旧中川をつなぐ運河。
 3キロ強の距離は歩くには丁度いい。最も押上から隅田川までとなると、直線で1キロ少々。ちょっと歩くには物足りないでしょうか。

 北十間川は、本所の北を流れる幅10間の川というのが命名の由来なのだとか。なんとも江戸の風情が感じられます。

 
 スカイツリー側から、北十間川側に駅を回り込む。
 コンビニなどが軒を連ねる駅前は、是非再開発が必要だろうと言った雰囲気。四ツ目通り、浅草通りが直ぐ目の前のためロータリーも作りづらそう。
 もっとも、スカイツリーができたら、こちらは裏側と呼ばれるようになるのだろうか。動線の変化が起こることは確実でしょう。
 浅草通り沿いに並ぶ、昔ながらの商店と、スカイツリー側に新しく出来るだろうストアー。完成後の対比も楽しみです。


PHOTO


 北十間川沿いに業平橋まで。
 ここは当にスカイツリーのお膝元。
 現在の高さ328mの看板が誇らしげ。

 でも、こんな川沿いにこんな高いものを立てて、地盤は大丈夫なのだろうか?
 スカイツリーの完成後は634mもの高さになるのだそう。
 そんなのが倒れてきたら・・・。隅田川まで届くことになるのだろうか?


 業平橋駅そばの東武橋はスカイツリー見物のビューポイント。
 工事の車両などもここから出入しているので、何となくこちらが正面のような気がする。


PHOTO


 業平橋から、隅田川までは、下町の雰囲気を残すところなので、その光景とスカイツリーのアンバランスもなんとも楽しい。

PHOTO


 通り過ぎる東武伊勢崎線も、まさかここにこんなものが出来るなんて、思ってもいなかっただろうから。

PHOTO

PHOTO


 でも、これだけの土地がこんな場所に空いていたって言うのも驚きだ。
 両国に国技館が出来た時も、驚いたけれども、都内にも結構空いた土地があるってことなのだろう。



PHOTO

PHOTO


 北十間川には、隅田川で営業するのだろうか屋形船などが係留されている。
 その船と、スカイツリー。
 すごいな。これもまた東京の光景なのだろう。

PHOTO

PHOTO


 墨田区役所の勝海舟とスカイツリー。

PHOTO


 浅草からのスカイツリー。

 明治、大正、昭和を飛び越えて、江戸と平成が同居する。
 そんな雰囲気の押上ー浅草近辺。

PHOTO


 今ある、スカイツリーもまだまだ半分だっていうから驚く。
 高さがもう倍になったら、なんとなく街との調和が崩されるような気がするけれども、新しい時代の息吹を感じる。

 でも、やっぱりオイラは東京タワー派だな。

 



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/957-85ee5a9c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。