上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

PHOTO


 ラーメン博物館の支那そばや。
 言わずと知れた食材の鬼、佐野実氏のラーメン屋です。


支那そばや 新横浜ラーメン博物館店 (ラーメン / 新横浜)
★★★☆☆ 3.5



PHOTO


 今、支那そばやでは、卵かけごはんを出しています。

 食材の鬼が選んだ卵かけご飯。

 オイラの胃袋をぐんぐんと刺激します。

 ご飯に卵。鬼に金棒、それほどの組み合わせです。



PHOTO


 食材の鬼のラーメン店には申し訳ないが、今日は卵かけごはんがメイン。
 よってラーメンは、塩のミニ。

PHOTO


 その分、禁断のたまごかけごはん(烏骨鶏卵使用)350円を注文。
 これは、名古屋コーチンの卵を使用した極上の卵かけご飯200円を凌ぐ料金。
 単純に卵で名古屋コーチンよりも150円も高い。その味が期待できると言うものです。



PHOTOPHOTO


PHOTO


 待つ事しばしで出された烏骨鶏の卵は思いのほか普通。
 もっと濃い黄色い色を期待していたんだけれども、見た目はスーパーでも売っている普通の卵。

PHOTO


 そのままご飯の上に乗せてみる。
 なるほど、黄身が壊れない。確かにしっかりしている。

PHOTO


 チョロッと醤油を垂らす。
 白いご飯、黄色い卵、透明の白身、醤油。思わず笑顔。
 どうよこれ。これぞ日本人の食べ物だよ。

 UKでは、何とかという菌がいて、生の卵を食べてはいけないと教えられた。
 食うなといわれると、本当かどうか確認のしようがなかったのだが、少なくても米を食わない国の人間に、この魅惑の味は分かるまい。

PHOTO




PHOTO


 そうこうしていると、ミニラーメンが出される。

PHOTO


 色合い的にも卵かけごはんによく似合う支那そばやの塩。
 
PHOTO


 佐野さんやるねぇ。
 改めて感激の塩ラーメンです。(ミニでごめんなさい)


PHOTO


 細めの麺。
 
PHOTO


 卵が絡んだご飯。

 
 うぉー、なんという光景。

 日本人で良かった。

 ラーメンの味はいつもながらの支那そばや。
 さっぱりとしている癖に、こってりと唇の周りにまとわりつく味。

 そこに、食べれば濃い烏骨鶏の卵かけご飯。

 交互に口に入れる幸せ。

 こりゃマイッタ。


 次は是非、普通のラーメンで。

 白いご飯の量がもう少し多ければ、言うこと無しかな。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/945-0aac4dd0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。