上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

110522_105042_彦根城_天主閣


 国宝、彦根城に来ました。
 じっくりとさっくりと見てまわろうと思います。




 キターーーー!!彦根城。
 何年ぶりだろう?
 築城400年祭りの時に来て以来です。

 大雨の彦根。
 玄宮園手前の駐車場に車を止めて、雨の彦根城見物です。

 江戸時代、譜代大名の井伊氏の拠点であった彦根城。
 大老製造機といっても過言ではないですね。

 関ヶ原の前は、このあたりは石田三成が治めていた。
 そうなると、昨日の関ヶ原からの続きですね。

 天守閣は国宝指定。
 世界遺産登録を目指していることは有名な、にほん100名城の1つです。



馬屋

 すでにお城の外側の城郭の中側にいるので、最初に見物するのは馬屋です。

110522_093455_彦根城_馬屋


 馬屋といっても馬鹿にする事なかれ。
 これも重要文化財です。
 物凄い広さ。

110522_093630_彦根城_馬屋


 でも、正直、今日は雨宿りの場所に利用されている。

 何しろ大雨。
 馬の気持ちになって窓の外を眺めています。  



佐和口多聞櫓

 馬屋の外は、佐和口多聞櫓。
 「いろは松」に沿った登城道の正面にあるのが佐和口で、そこを守るのが、佐和口多聞櫓です。

110522_094656_彦根城_佐和山多聞櫓


 多聞櫓は長屋のような形が特徴的。
 佐和口の多聞櫓は、佐和口の桝形を囲むように二度曲折する長屋。

110522_094748_彦根城_佐和山多聞櫓


 入ってみてわかったんですが、デカイのなんの。
 オイラの部屋いくつ分?というか、オイラのアパートいくつ分?って言った感じ。

110522_094409_彦根城

 
 井伊家35万石、佐和山城の顔といても良い櫓。
 見上げる天守は鬱蒼の森の中といった感じ。

 

彦根城博物館

 ここから、彦根城に入ります。
 入城は、博物館と合わせて1000円。
 徳川譜代大名の筆頭のような存在、結構なお値段です。

110522_101336_彦根城_彦根城博物館


 歴史のものなどを見せられても、正直良く分からない。
 まぁ、博物館なんてそんなもんですよね。


110522_101454_彦根城_彦根城博物館


 博物館は元々は御殿の跡。
 博物館自体、それを思わせる作りになっていて、複雑につながった建物、庭園の緑、能舞台などなど、見応えがあります。

110522_100457_彦根城_彦根城博物館


 彦根城の博物館といえば、晴れの日はこの玄関目に人気のひこにゃんが登場!となるのですが、雨の日は室内で。
 決して広いとは言えない部屋いっぱいに集まったギャラリーに向かって、ひこにゃんが精一杯の愛想を振りまいています。
 ゆるキャラ界のボスキャラですからね。

110522_103243_彦根城_ひこにゃん


 気のせいかチョット黄ばんだような気が・・・。
 チョット働き過ぎかな?



登城

 博物館でひこにゃんを見て、ついに彦根城本丸並びに、国宝天守閣へと向かいます。

110522_103936_彦根城


 石垣に石段。
 歩きにくい段違いのような階段。
 しかも雨。

110522_104109_彦根城_太鼓門櫓


 難攻不落の彦根城です。

110522_104239_彦根城_太鼓門櫓


 天秤櫓へと回りこむように。
 ここは、時代劇でも結構有名な場所。
 この上から攻撃されたらひとたまりもないだろうなぁ。

110522_104548_彦根城

 
 天秤櫓をくぐって、太鼓門櫓を抜けると、国宝天守閣です。



国宝天守閣

 でーん、として、どーん。

 流石は姫路城、松本城、犬山城と合わせて国宝4城の1つです。

110522_105042_彦根城_天主閣


 3階3重は、お城の縄張りと比べるとちょっと小さい印象ですが、無骨な感じが徳川四天王の城ですね。

110522_112958_彦根城_天主閣


 なんでも、大津城のものを移築した天守らしいのですが、結構この場所に合っているような気がします。

 雨ということもあって、見物の人は少なめな感じ。
 これくらいがちょうどいいのかもしれないなぁ。

110522_105255_彦根城_天主閣


 雨のお城っていうのも、しっとりとして悪くないかも。



西の丸


 国宝天守閣の見物を終える。

 外は雨だし、天守閣内部は暗くて写真写りが悪かったのでカットしましたが、重厚感だけは感じました。
 何しろ、雨で、傘を持っていて、靴を持たされていて、バックがあってと荷物が多い。
 写真どころじゃなかったことも事実です。

 
 そんな天守を出て、裏側に回ると西の丸です。

 広大な西の丸は、有事の際には兵を集める場所だったんでしょう。


 その先に西の丸三重櫓がありました。

 三重櫓というからには三階建て。
 天守と変わらないその大きさ。
 飾り付けはさすがに簡素ですが、なかなか迫力があります。

 ここまで足を運ぶ人は流石に少ないので、思う存分見物することができました。
 雨さえ降っていなければ・・・。


110522_112656_彦根城_西の丸三重櫓


 見物後は、三重櫓の裏から、石段を降り、黒門を抜けて見物終了。
 彦根城をちょうど縦に貫いた感じですね。

110522_113408_彦根城_天主閣


 ただ、この見物方法だと、大手門を見ることが出来なかった。
 かと言って、大手門側から来ると、博物館を見るために大きくお城を回りこむか、せっかく登った石段を降ってこないと辿りつけない。

 この連絡の悪さが、お城なんだろうけれども。
 



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1622-141ab341
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。