上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

110503_161312_太田_金山城_s


 群馬は太田の地に、リアル天空の城が有りました。




 新田金山城。
 群馬県は太田市、標高235.8メートルの金山の山頂に、まるでジブリの天空の城のようにその城はありました。

 日本100名城で関東七名城の一つ。
 その筋の人々の間ではかなり有名みたい。
 正直、初めて聞いたんですが。

 新田の荘をウロウロしていて、ときどき出くわす金山城こちらの標識。
 かなり気になったので、散策の最後に訪れてみたんです。


 太田市の街のど真ん中みたいな所が、こんもりと盛り上がっていて、なんでこんな所にこんな山・・・丘?があるんだろうみたいな。
 鉄道も、道路も、この山を巻くように太田の街にたどり着いているし。

 その山中に近づくに連れ、緑がどんどん濃くなっていく。

 
 シータが余計な呪文でも唱えたのでは?と思うほど、突如として地面が盛り上がって、一気に標高を稼がされ、すげーなぁって思った先に、金山城の駐車場がありました。

 
110503_155741_太田_金山城


 たどり着いた時間が、15時をかなり回った時間。
 先程から、時折小雨が降る天気。
 駐車中に停めた車から離れるとき、傘を持つかどうかチョット迷ったんだけれども、行動が制約されるのがシャクで、濡れたらままよと歩き出す。

 駐車場からはだらだらとした登りになります。
 最初の登りが結構きつくって、飛行石を手に入れたくなる。

 金山城の案内板がときどき出ている。
 関東七名城ということで、なかなか整備が行き届いています。

 最初のうちは、お城の遺構というよりは、登山道みたいな雰囲気。
 木道なども整備されていて、歩きやすいのもいいです。

110503_160026_太田_金山城


 途中、こんもりとした広場のような所があり、物見の台が設けられていたり。
 太田の市内が一望・・・・やっぱり田舎町ね。


110503_160315_太田_金山城


 時折人ともすれ違う。
 時間が遅いから、帰る人ばかり。 
 結構疲れてる風・・・これからが思いやられます。


110503_160128_太田_金山城

110503_160239_太田_金山城


 それでも歩みを進めると、山城の遺構らしく石垣が散見されるようになる。
 それでも結構雰囲気があっていいなぁと思っていたんだけれども、徐々に進むと、視界が一気に広がって、どーんと金山城の本丸跡が!!!!
 すげーーーーーーーー!!!


110503_161257_太田_金山城


 斜面地に積み上げられた石垣は、やはりまるで天空の城。
 迷路にも近い、欧州かと思うほどの石垣の国。
 
 朽ちた石垣、緑の雰囲気。
 ジブリはここをパクったな。

110503_161147_太田_金山城


 巨大ロボット兵器がどこからか姿を表しそうなその雰囲気。
 しかし、こんな山の仲間で石を運びあげるって・・・当然、飛行石も重機もない時代に・・・。

 スゴすぎ。

 
110503_162145_太田_金山城

110503_162234_太田_金山城


 石垣の奥には、更に石段が続いて・・・その先には・・・新田神社が!

 涙が出そうな雰囲気の社殿が建っていました。

110503_162440_太田_金山城


 神社・・・初詣・・・こんなところまで来るのかな?
 
110503_162755_太田_金山城


 夕方で、時間も遅く、人っ子一人いない天空の城。
 それはまるで、人々の目から隠れて、伝説の中、そこに存在するよう。


 新田義貞築城説もある金山城。
 築上から、すでに500年以上の年月が経っている。

 押し潰されそうな雰囲気。

 いやー、こんな凄い所があったなんて。
 危うく見損なうところでした。

110503_163341_太田_金山城


 これも、新田氏に導かれたのかもしれないなぁ。



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1572-247384ad
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。