上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

110313_150835_横浜_地震爪痕


 3月11日の大地震。
 横浜における地震の爪痕です。




 3月11日。
 生涯最大の地震をオフィスで体験しました。
 棚のものは落ち、ビルは停電になり、初めて見る非常灯。
 そして、始めての避難。

 ついに東海大地震かと思ったけれども、ガキの頃から伝え聞いていた大地震ってこんなものじゃなかったはずと思っていたら、震源は東北地方だった。

 公共の交通機関はすべてストップ。
 結局オフィスから2時間近くかけて歩いて帰ったんだけれども、それでもそんな程度で済んでよかった。

 帰宅してテレビで(オフィスより都心部に住んでいるので、インフラの復旧はかなり早かったみたい)被災状況を確認。
 東北地方は大津波で、海岸線は壊滅状態。
 その上、福島では原子力発電所まで被害に・・・。
 
 シムシティーで原子力発電所があんなことになったら、すぐさまゲームオーバーだろうと人事のように思いながらも不安な夜を過ごした。

 
 翌土曜日は、家の中の整理。
 一人暮らしでそんなに物がなかったことが幸いしてか、片付けは思いの外すぐに済んだが、テレビは常に震災特集。
 CMも一切入らない民法テレビは、これが非常事態っていうものなのかって実感させられる。

 公共の交通機関は依然止まったまま。
 何しろ、電気が足りないとか。そりゃ、福島の原発がこんな状況では、どうにもなるまいという気もする。
 日本もついに終わったか。
 繁栄もここまで。
 これから日本はどうなるんだろう?心配になりながらも2日目の夜。


 翌日曜日、依然鉄道は止まったまま。
 茅ヶ崎に住んでいたら、一体どうなっていたことだろう?未だ自分の家に帰りつけず横浜あたりをうろうろする憂き目に合うところだったのか。

 テレビは被災地の情報ばかり。
 津波で流される家。不確かな原子力発電所の事故情報。
 官房長官だけがやたらテレビに出ているが、カイワレ君は一切でてこない。

 情報が一方的すぎる。
 電車も動いていない横浜の街がどうなっているのか知りたくて、スクーターで駅前に・・・。
 そうしたら、驚きの光景が・・・・。


110313_153724_横浜_地震爪痕


 街は、いつもの週末同様人であふれていて、コンタクトレンズの呼び込み、居酒屋の呼び込み、ティッシュ配りが当たり前のように行われている。
 えー、あの地震はどこで起こったこと?
 街はそんなことなかったかのように、普通に動いているんですよ。
 しかも、いつもより人が楽しそうに歩いている。 

 スグそこで原子力発電所が大事故を起こしているっていうのに・・・。
 見て見ぬふりなのか、知らん振りなのか。
 そもそも、ここにいる人達は、横浜までどうやって出てきたんだろう?
 バスしか動いていないっていうのに。
 今、横浜の繁華街にいる優越感に浸っているのだろうか?

 
 街はいつもと変わらず動いている。
 居酒屋はやっている。レストランもやっている。何も変わらない。
 ただ、電車だけが動いていない。

 そんな、地震どこ吹く風の横浜の街なんだけれども、不思議なことに、ダイエーからハマボールにかけてだけ、地盤がめくれ上がり大きな亀裂になっていた。


110313_150418_横浜_地震爪痕


 ダイエーは、地下駐車場があるあら、その枠で亀裂が起こっちゃっているみたい。
 ハマボールは、ニュースによると壊滅的状態らしい(この後、我が青春のハマボールは、復旧すること無く営業を停止してしまった)。
 埋立た地盤の構造で、地震の力が、ここに集中してしまったのかな?

 何事もない街の中に、突然出現した地割れ、亀裂。
 倒れた標識。壊れたビルの出入口。
 正直ここだけ何があったのか?
 理解に苦しむ。

110313_150443_横浜_地震爪痕


 それに、つい数カ月前まで、オイラ自身がこの構想部分に居住をしていたんです。
 これだけの地割れが起こるって、たぶんものすごいここだけが揺れたのか?
 
 この災害を予見して逃げ出したようで、元近所の人達に心苦しい。
 被災を確認していると、何人かの元近所の人達の顔を確認。
 とりあえず、無事を喜ぶ。

 でも、埋立地でも、千葉の浦安あたりのように液状化しないってのは、何か工法がつがうのだろうか?
 浦安、手抜き工事?素人目にはそう思わざるを得ませんねぇ。

110313_150705_横浜_地震爪痕


 これでは、ダイエーは当分営業ができないだろう。
 この、横浜駅の目の前で、唯一あるスーバーが営業しないって・・・たぶん、陸の孤島になってしまうのでは。
 百貨店で定価でモノを買わないと生活できない。
 お年寄りも沢山住んでいるのを知っている分、心配になる。

 しかし、どうしてこの区画だけこんなにも。
 でも、これが無かったら、本当に普通の休日としか思えない街の風景だった。

110313_150818_横浜_地震爪痕


 地震の凄さを確認するには、貴重な光景でした。

 この後、電力不足に寄る輪番停電が決まり、街は火が消えたような状況に。
 動き出した電車も、間引き運転。(それは、今も解消されていません)
 駅や繁華街の電気も間引き点灯。(宝石箱のような街の灯りは、最低限の状況になってしまって)

 地震直後から、対策が確定するこの週末だけが、明るい街並みだったって、少し皮肉なことかも。

 日本は今後、震災前の状況に戻ることってあるのかな?
 
110313_150843_横浜_地震爪痕


 ダイエー前の亀裂はすでに修復されてしまっているし、ダイエーも通常営業されている。ハマボールは営業を終了してしまったけれども、その他はいつもどうりに復旧した。
 けれども、この光景、心のどこかに残しておかないといけないような気がします。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1510-f5ac99d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。