上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

101128_161815_鎌倉_和田塚つるや


 鎌倉は和田塚にある「つるや」さん。
 鰻の老舗、名店です。



つるや うなぎ / 和田塚駅由比ケ浜駅鎌倉駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


 鎌倉文士が愛し、最近ではミシュランに星をもらうほどの老舗の鰻や。
 和田塚駅から線路を歩いて、路地を曲がっての来店です。


101128_154433_鎌倉_江ノ電和田塚駅

101128_154556_鎌倉_和田塚つるや


 混んでるんじゃないかと、事前に予約したんだけれども、昼と比べて夜の早い鎌倉の街、お店はそれほど混んではいませんでした。

 ミシュランの星も店の繁盛には大して役に立っていないのかな?
 まだ、もらいたてホヤホヤだから、これからじわじわと浸透するのだろうか?
 隠れ家のようなうなぎや。
 お気に入りの店が評価されるのってちょっと嬉しいけれども、でも、お店が混んで来づらくなるのって・・・チョット複雑です。


 予約席であるに階の座敷に通される。
 座敷のテーブルは5割程度の埋まり具合。
 店は、いたって落ち着いています。


101128_154830_鎌倉_和田塚つるや


 今日は4人で訪れたんだけれども、やっぱり、観光地を散策する場合って、この単位が最大値だと思います。
 ここまでが唯一、ひとテーブルを囲める人数ですから。


 今日頼んだのは、予約していたうな重2500円の他に白焼き2500円。柳川1500×2、ビール4本。
 これでだいたい一人5000円くらい。
 まぁまぁのお値段です。なにしろミシュラン、一つ星ですから。


101128_155501_鎌倉_和田塚つるや


 まずは白焼きから。
 この照りがいい。
 山葵醤油でいただき。

101128_155546_鎌倉_和田塚つるや


 ホワっと口に中に広がる味はとても優しい。
 あー、もう、この味。
 たまりません。


101128_160248_鎌倉_和田塚つるや


 続いて柳川。
 うなぎが旨いんだから、土壌だって・・・当然。

 一切臭みがない土壌。
 ごぼうにもしっかりと味が染みている。
 鎌倉散策の疲労が吹っ飛びます。

101128_160253_鎌倉_和田塚つるや

 
 またビールに良く合うんです。
 というか、日本酒が欲しくなる。白焼きにも合うし。

 ここで、日本酒を一本だけ追加注文。
 やめられません。


101128_161724_鎌倉_和田塚つるや


 最後に、メインイベンター。
 重厚な鎌倉彫の重箱に包まれたうな重。

 フタを開けると、珠玉の空間。

101128_161809_鎌倉_和田塚つるや


 おお、この照り、この厚さ。
 どうだ。と言わんばかりのうなぎの存在感。

 ガツッと箸をさして、バクっと頂く。

101128_162343_鎌倉_和田塚つるや


 旨い。

 もうただそれだけ。

 それ以上でも以下でもない。


 肝吸いをおともに食べる、鎌倉のうなぎ。
 夜はゆっくりと更けていくのです。
 



関連ランキング:うなぎ | 和田塚駅由比ケ浜駅鎌倉駅


 
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1424-bbadc941
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。