上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

20101116_122424_新薬師寺_織田有楽斉の庭


 天平19年(747年)、光明皇后が夫聖武天皇の病気平癒のために建てたと言われる新薬師寺。
 境内の紅葉です。




 奈良市街の南方に位置し、今となっては、非常に小さくこじんまりとした新薬師寺ですが、南都十大寺のひとつ。
 創建当時は、4町分四方の寺領を有し、七堂伽藍が立ち並ぶ大寺院だったそう。


20101116_121249_新薬師寺

20101116_123156_新薬師寺_地蔵堂



 小さいながらも、境内への山門、国宝の本堂など、いくつかの堂宇とそれを取り巻く木々の風景がどこか清々しいです。


20101116_121343_新薬師寺_本堂(国宝)



 そして、本堂脇にある織田有楽斎の庭。
 東京は有楽町の由来となっている織田有楽斎のゆかりの庭だそう。

 こちらも小さいながらよくまとまっていて、見事な紅葉を見せている。


20101116_121451_新薬師寺

20101116_122431_新薬師寺_織田有楽斉の庭



 新薬師寺の紅葉は、これでもかって言う紅葉とは違い、ちらりほらりと緑の中に紅を落としたような、奥ゆかしさが感じられる。


20101116_122558_新薬師寺_織田有楽斉の庭

20101116_122528_新薬師寺_織田有楽斉の庭



 光明皇后が建てたからとは関係ないだろうが、紅葉もどこか女性らしさを感じます。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1355-8bd6ca5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。