上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

101006_191402_オクトーバーフェスト

 毎年恒例、赤レンガ倉庫で行われているビールの祭典、オクトーバーフェストに行ってみました。




 オクトーバーフェストは、本来ドイツはミュンヘンのテレージエンヴィーゼというところで行われる、毎年600万人以上の人が訪れるというビールの祭典。

 日本でも、ビールにゆかりのある地域では、パクリ行事が結構行なわれているそう。
 分かりやすくてパクリやすい行事だから?かな。

 酒造業者さんとしては、ビールもはけるしつまみも出るし言う事なしだろう。


 そんな祭りが、この横浜でも・・・。

 何しろ横浜は日本のビール発祥の地ですから・・・。
 長崎が発祥じゃないってことは、ポルトガル人ってそんなにビールを飲む人種じゃなかったのかな?

 
 2003年から開催されている横浜は赤レンガ広場のオクトーバーフェスト。
 参戦するのは、これが始めて。
 いや、以前、休日に会場まで来ては見たけれども、大混雑の人を見て退散したのはもう何年前の事だろう?

 赤レンガ倉庫って、最寄りの駅からも遠くって、チョット寄るって気軽な感じで訪れにくい施設。
 元々、倉庫なんだから、駅からの足なんて気にする必要はなかったんだろうけれども。
 周辺の施設との関係上、何かのついでにってのもありえなくって、明らかに赤レンガに行くっていう心づもりでないとならないから、ビールの祭典なんて言われても、近づきがたいものがあったので。
 正直、ビールよりも焼酎派だったりもするしね。

 
101006_190708_オクトーバーフェスト



 そんな感じで訪れた、赤レンガ倉庫広場のオクトーバーフェスト。

 今年も、なかなかの盛況みたい。
 でも、以前訪れた時ほど人でごった返していない。外に並べられたテーブルにも空きが目立つ。
 その理由は、平日夜のためか、入場料などを取ることになったからなのか。

 つまみやビールは自腹で買わされるのに、赤レンガ倉庫広場のイベントで入場料をとるとは、偉そうな。
 どうも、その発想がまかり通る時点で、オイオイ感ですね。


 200円の入場料を払って会場内に。

 10月の寒空の下、屋外のテーブルはそこそこ空きがあるんだけれども、テント張りの屋内スペースは人でぎっしり。入る余地なし。

 仕方が無いので、屋外で、ビールを・・・この寒空の下。

101006_192439_オクトーバーフェスト


 しかも、このビールがめんどくさいシステムで、グラスのチャージ料金を取られたり、ビール自体もものすごく高価だったり。

101006_191440_オクトーバーフェスト


 ビールだけにとどまらずつまみだってもの凄く高い。

 なんなんだこの経済感覚は。
 ドイツに行くよりは安いでしょってことなの?


101006_192738_オクトーバーフェスト


 どうしてこんなことになっているんだろう。
 こんな料金取られるのに、なんでテントの中は満員なんだろう・・・。

 疑問に思って再びテント内をのぞきにいくと、なんとも信じられない乗りが。

 楽団の演奏に乗せて、皆が輪になって会場全体をぐるぐる回りながらジェンカ???みたいなのを踊ったりしている。
 ドイツもどき。ドイツ人みたいなことをさせられている。
 何もそこまでしなくても・・・閉塞した空間での高揚感。これは完全に洗脳だ。

 そしてビールを飲まされている。
 馬鹿じゃなかろうか。

 やばい、この環境にいて馬鹿になるか、屋外で凍え死ぬかのどちらかだ。

 入場料まで払っての赤レンガ倉庫のオクトーバーフェストだったけれども、あまりの寒さとビールの高さで早々に退散。


 結局、野毛の三陽で飲み直し。

101006_210233_オクトーバーフェスト


 こっちのビールと餃子のほうがどんなに旨いか。

101006_210804_野毛三陽


 そしてこの、野毛のいかがわしい雰囲気のほうがどんなにオイラの体にあっているか。

101006_211235_野毛三陽


 文化人だか、知識人だか、宣伝だかに騙されて、日本人の本質を失う連中であふれるオクトーバーフェスト。

 現代人のそこそこ金はあるけれども、薄っぺらさみたいなものを強く感じた。
 でも、今の横浜って街自体が、そんな街なのかも知れないなぁ。
 

  

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1300-9f60cd6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。