上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

100731_103241_熱海_寛一お宮と松

 熱海といえば、やっぱり貫一お宮ですかねぇ。



 金色夜叉なんて、正直知らないんです。


100731_103117_熱海_寛一お宮と松



 そこそこいい年の域に達しつつあるオイラですら分からないんだから、日本人の大半はどんな話かなんて知らないのでは?

 当然、尾崎紅葉だって分からない。

 ってことで、チョットおさらい。


100731_103131_熱海_寛一お宮と松



 一高(もう、この時点で時代錯誤)の学生、間貫一の許嫁(これもまた、時代に則さない)お宮は、銀行家御曹司(この表現も・・・)の富山唯継に嫁ぐことに・・・。
 それに激怒した貫一は、熱海でお宮を問い詰める。

 その時の像が、サンビーチにある貫一お宮の像ですね。

 ダイヤモンドに目が眩み・・・有名なセリフです。

 時代背景や登場人物の考えは、今とかなりかけ離れているけれども、女性がダイヤモンドに目がくらむなんてところは、今も昔も一緒ですかね。
 AH 今 私を動かすのは ダイアモンド♪ってね。


100731_103141_熱海_寛一お宮と松



 その後、貫一は、復讐のため、高利貸しになる・・・。

 高利貸しって、社会の底辺みたいな職業だったんだろうなぁ。
 金、金、金の拝金主義みたいで。職業に貴賎がありまくりの時代だっただろうし。

 今なら、取り過ぎた利子の返済に追われて大変なことになるところだけれども、尾崎紅葉もそこまでは書いてはいないみたい。

 って、結局、金色夜叉って紅葉死亡のため、紆余曲折の末、未完で終わっているそう。


100731_103318_熱海_寛一お宮と松



 うーん、あまりにも時代が錯誤していて・・・改めて読んでみたいとは思わないなぁ。orz

 その割に、銅像の前で記念写真を撮る人が多いってのも、不思議なものだなあ。


 


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1192-d50274f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。