上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

100731_094219_熱海_起雲閣

 ヤボ用で熱海に来ています。
 大した用事ではないので、時間が余りまくり。
 ということで、熱海観光の名所起雲閣を訪れました。



 起雲閣は、熱海の三大別荘と賞賛された建物。

 丹那トンネル開通時の鉄道大臣内田信也が1991年に母親の静養の地として造った別荘が基になっているのだとか。

 その後、東武鉄道グループの礎、鉄道王の根津喜一郎の手にわたり、ほぼ現在の形に整備されたそう。



100731_091141_熱海_起雲閣

100731_091239_熱海_起雲閣


 1947年には、旅館として利用され、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、山本有三などなど、日本文学界の重鎮に好まれて利用されたのだとか。

 熱海といえば、当時は一流観光地。

 緑も多く、山も近ければ、海も近い。

 丹那トンネルが開通した後ならば、東京からもさして時間もかからないから、絶好の別荘、旅館だったことだろうなぁ。



100731_092157_熱海_起雲閣

100731_091750_熱海_起雲閣


 料金500円を払って、室内を見学。

 和風の建物あり、そのままつながって洋風の建物あり。

 なんとも全体的に掴み所のない施設ですが、その1つ1つは流石に大正、昭和のお大臣の別荘。

 高級感が違います。



100731_094854_熱海_起雲閣


 窓から見える、緑の庭が美しい。

 この場所は、ロケ地としても利用されることが多く、最近では、不毛地帯のロケで使われたのだとか・・・全然最近じゃないか。
 本当に最近だと、NHKのチェイスとかかな?そうなると分かる人がぜんぜん減るしなぁ。


100731_092448_熱海_起雲閣


 お大臣の別荘をお大臣の別荘としてドラマで使うんだから、これほどのリアリティーはないだろう。


100731_092541_熱海_起雲閣


 今の大臣とは雲泥の差。

 仕分け仕分けってうるさく言ったり、カイワレ食ったりするような連中じゃ、こんな別荘には住めそうもないだろう。


100731_092855_熱海_起雲閣


 しばらく進むと、旅館として利用されていたエリアに。

 いままで、どこをどういう風に旅館にしていたのかと思ったけれども、一間一間区切られた作りを見せられると、確かに旅館だ。


100731_094125_熱海_起雲閣

100731_093824_熱海_起雲閣


 何でも2000年まで、旅館だったというから、凄い。

 窓からの景色も、緑が美しく、ここでなら大作の構想にも・・・・って、大作の構想にどんなところが似合いなのかなんて、全然わかる身分ではございませんが。


100731_094148_熱海_起雲閣


 明るい雰囲気の洋館部分。採光は悪いが、しっとりと落ち着いた、和館部分。
 
 どちらもいいんだけれども、なんとなく、オイラ的には和室の方がしっくり来るかな。


100731_095517_熱海_起雲閣

100731_095440_熱海_起雲閣


 一通り室内を見学して、庭に出ると、その美しさに改めて驚き!

 昔のお大臣の凄さって・・・・改めて驚きです。
 
 


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1188-3b2e7499
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。