上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

PHOTO


 港の見える丘脇に立つイギリス館。
 昭和12(1937)年に上海の大英工部総署の設計によって、英国総領事公邸として、現在の地に建てられたものだそうです。




 イギリス領事の公邸ですから、この辺りの洋館では、一番立派な感じがします。

 そんな、イギリス館の館内は、港の見える丘の頂上に立つため、採光が良い。
 暗く重厚な感じがする、今までの洋館とは大違いです。


PHOTO



 何しろ、鉄筋コンクリート造2階建て。
 木造が主だった、今までの建物とは、設計からして違うみたい。


PHOTO



 昭和の頃の、大英帝国の日本領事って、決して恵まれた地位とは言いがたかっただろうに。

 しかも、1937年なんて、第二次世界大戦大戦勃発の年前。

 世界中が混沌とした時代だし。


PHOTO



 しかし、そんな戦争直前の建築とは思わせない、華やかな建物。

 
PHOTO



 第二次世界大戦直前の、日本や横浜って、どんな感じだったんだろう?



 


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1085-3ecd8e3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。