上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

PHOTO


 昨日の東京の桜見物に味を占め、今日は鎌倉に繰り出しての桜見物です。

 桜も気になりますが、やっぱり気になるのは大銀杏でしょうか・・・。


鎌倉散歩移動地図




北鎌倉界隈の桜

 昨日の東京の桜に触発されて、今日は鎌倉まで足を伸ばします。

 横浜発11:38分の下り東海道線に乗車。

 大船の大船軒の天玉蕎麦で腹をこなした後、横須賀線に乗り換え、12:08分発の逗子行きは湘南新宿ライン。
 なかなかの混雑。
 だんだん悪くなる天気が心配です。

 
PHOTO


 
 大船から一駅、北鎌倉は人でごった返し。
 もっとも、電車を降りた人は、仮設みたいな改札から円覚寺方面へ降りるので、趣きのある関東の駅100選の駅舎側に廻る人は少ないですが。


PHOTO



 やっぱり桜は武士の花。
 武士の都で見るのが正解なような気がしますから。


PHOTO



 北鎌倉の駅前にも、何本かの桜が見事咲いています。

 まずは、北鎌倉の桜に挨拶です。




円覚寺の桜

 鎌倉五山第二位の円覚寺。


PHOTO

PHOTO



 総門の前から見事な桜が咲いています。

 拝観料を払い境内へ。


PHOTO

PHOTO



 北鎌倉の駅を降りたときは、沢山いた人。
 当然、最初は円覚寺参拝だと思うんだけれども、あまりに広い円覚寺の境内。あんなにいた人達を見事に飲み込んでしまっています。


PHOTO

PHOTO



 その広大な境内に、チラリ、ちらりと桜が咲いている。
 乱咲って感じではなく、本当に、ピンポイントでちらりほらりと。
 山桜風でとても味わいがあります。


PHOTO

PHOTO



 巨大で趣きのある三門と桜。
 こうなると、桜は完全に三門の引き立て役です。

 春のこの時期、桜を脇に押しやる。
 三門のすごさ、改めて感じ入ります。


PHOTO

PHOTO



 円覚寺の谷戸を奥へ奥へと進んで行く、現れる桜。
 
 ピンクの花が、緑濃い境内の良いアクセントです。

 
PHOTO

PHOTO



 広大な境内に咲く円覚寺の桜は、それ自体が円覚寺の舞台装置のよう。

 春の一瞬の円覚寺の風景です。
 



東慶寺の桜

 円覚寺を出て、しばらく鎌倉方面に進むと東慶寺です。

PHOTO


 大河ドラマで有名、北条時宗(今となっては、ちょっと笑いが)の夫人による創建。
 駆け込めば離縁が出来る女人救済の尼寺として、600年近く、この場にあるわけです。



PHOTO



 縁切寺。グレープやバンバンの歌っていっても、もうあまり通じないんだろうなぁ。
 ♪今日鎌倉に行ってきました、二人で初めて歩いた街へ♪
 でも、人影だらけですが。



PHOTO

PHOTO



 縁切寺っていうのも、時代錯誤かも知れませんね。
 東慶寺も今は花の寺として、北鎌倉で存在感を放っています。

 そんな東慶寺にも、ちらりほらりと桜の花が。

 桜、桜するのではなく、うまく緑に溶け込んでいていい雰囲気です。



PHOTO

PHOTO



 やっぱり女性の寺だからでしょうか。
 どこか、ホワッとした感じが、いかにも東慶寺の桜という感じ。



PHOTO

PHOTO



 桜がピンクのワンポイントなんて、なんとも贅沢な使い方です。




亀返し 切通の桜

 東慶寺を出て、建長寺には向かわずに、亀ヶ谷坂切通を抜けて八幡宮に出ることに。

 
PHOTO



 人でごった返すメインルートから外れたかったのが目的で、結果的に、寿福寺に寄りたかったから。

 亀すら返すきつい坂ということからついた亀ヶ谷坂切通。

 息を切らせての鎌倉攻略です。


PHOTO



 舗装こそされてはいますが、谷の間を通る道は、切通の雰囲気をよく残している。
 時々がけ崩れが起こるのは、ご愛嬌と言うか、当時のままのため。
 これを、極楽寺坂のように、コンクリートで抑えてしまったら台なしだろうし。


PHOTO



 亀ヶ谷坂は、何よりも、観光客の数が激減するのがいい。

 そして、そんな雰囲気がある亀ヶ谷坂にも、桜の花が。


PHOTO



 人が少ないっていうだけで、妙に落ち着いた雰囲気になる。

 桜自体も、どうだ!って感じではなく、なんとなく、申し訳なさそうな雰囲気で、奥ゆかしさすら感じる。


PHOTO



 こういう桜も大切にしたいものです。

 


寿福寺 政子の墓にご挨拶

 亀返しを超えて、寿福寺へ。

 寿福寺は、桜は咲いていないんだけれども、ここには、北条政子と源実朝の墓がある。
 これから参る八幡宮の前に、どうしても寄っておきたかった場所です。


PHOTO


 
 寿福寺は常に静かです。
 鶴岡八幡宮や小町通りとは、JR線を挟んだ関係で、こちらに流れてくる人はかなり少ないです。
 そのくせ、鎌倉五山第三位のお寺。
 源氏伝来の地に建つお寺です。


PHOTO



 昔は大寺院だったみたいなのですが、今ではあまり面影はない。
 大寺院の面影はなくなっていますが、総門から中門へと伸びる境内の道は、趣深いです。


PHOTO



 この奥の墓地には、高浜虚子、大佛次郎などのお墓があり、鎌倉五山第三位の実力を知ることが出来ます。
 

PHOTO

PHOTO



 そして、なにより凄いのが、墓地の奥のやぐらには、北条政子、源実朝の墓が。

 これからまわる予定の鶴岡八幡宮の大銀杏。
 先日折れて、植替えが済んでいるはず。

 その大銀杏の影で殺害されたのが、源実朝。
 そして、政子は言わずと知れた尼将軍。であり、頼朝の妻、実朝の母。


PHOTO

PHOTO



 そんな二人のお墓なんだけれども、やぐらも、五輪塔も非常にこぢんまりとしている。
 緑の中に沈んで、雰囲気はいいんだけれども、歴史上の、しかも鎌倉では、チョー有名人だと思うんだけれども。
 鎌倉時代の、武士の死生観って言うのは、こんな感じだったのだろうか。


PHOTO



 頼朝の墓も、上杉なんとかの墓も、北条なんとか、三浦なんとか・・・ことごとく墓は小さい。
 たって半畳寝て一畳。人なんて死んでしまえばそんなもの。
 なんとなくこういう考え方って好きです。


 先月、倒れた大銀杏を見に来たときに、ここに寄らなかったのが少し心残りだったんです。
 これからまわる八幡宮参拝前に、北条政子と実朝に義理が果たせたような気がします。




川喜多映画記念館の桜

 
 寿福寺から、横須賀線を超えて八幡宮へ。
 その途中、川喜多映画記念館が新たに出来ていました。


PHOTO



 春と秋だったっけ、映画の普及に貢献があった川喜多氏の邸宅が公開されるときがあって、その日本家屋のいぶし銀風の贅沢な作りに感嘆してものです。

 それが、鎌倉市の手によって整備されて、映画記念館となって復活したみたい。

 
PHOTO



 今は、昔の庭に、真新しい資料館が出来上がっていて、旧家の方には近づけないんだけれども、遠くから眺める雰囲気は抜群です。
 
 そこに咲く桜。
 まさに日本の桜です。


PHOTO



 咲過ぎず、咲かなすぎもせず。
 いい具合に、家屋に生えていました。





八幡宮の桜

 ついに本日のメインイベント。
 鶴岡八幡宮です。


PHOTO



 太鼓橋から境内を見渡す。
 
 境内のそこかしこに桜が咲く。


PHOTO

PHOTO



 平氏の池、源氏の池にも桜満開。
 水面に映る桜の美しさと言ったら、もうナンも言えねー。


PHOTO

PHOTO



 少し曇天の空が残念ですが、それもまた鎌倉っぽい。


 鶴岡八幡宮は鎌倉観光の中心的存在。
 桜見物と植え替えなった大銀杏見物で、人でごった返しです。


 かく言うオイラとて、ごった返しの人の中の一人。


PHOTO



 池の桜を堪能していたら、空が泣き出してきた。
 早々に本殿にお参りをしないと・・・。


 舞殿から、大階段へ。
 その脇には、そう、植え替えなった御神木の大銀杏が。
 大銀杏の詳しい模様はこちらから。
 「鶴岡八幡宮の御神木」



PHOTO


 本殿に登って、鎌倉の街を見下ろす。

 段葛が桜の世界に。
 すごすぎ。

 鳥居と鳥居の間がピンク色に染まっている。
 鎌倉の春だなぁ。


PHOTO

PHOTO



 歓声とともにため息が。
 折れた御神木が心の何処かに引っかかり、古都の景観に喜んでばかりいられない気分になる。
 
 八幡宮の今年の桜は少し複雑な気分にさせてくれます。 




段葛の桜

 八幡宮を後に。
 北条政子にも、源実朝にも、なんとなく義理が立ったような気がする。

 先程、八幡宮の本殿から見た、段葛を歩いて鎌倉駅へ。


PHOTO

PHOTO



 視覚効果で、八幡宮側の段葛は狭く、駅側が広くとられているので、駅へと進む側は、だんだん広くなる段葛。
 八幡宮側の最初こそ人でごった返しって感じだったけれども、だんだん歩きやすくなっていく。

 こんな遠近法、鎌倉時代の人が知っていたってことに驚かされる。


PHOTO



 そして、空を覆わんばかりの桜のトンネル。

 
PHOTO



 八幡宮で泣き出した空のご機嫌が、なんとか治ったみたい。


PHOTO

PHOTO



 2010年の鎌倉の桜、これにて見納めです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 ←ブログランキングに参加しています。1日1回、1クリックの応援お願いします。orz

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://yokohamanote.blog101.fc2.com/tb.php/1005-bba11934
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。